飛蚊症になってしまったら西洋医学では治療法はありません。
だからどうしても治したいときは東洋医学又は民間療法に頼るしかありません。

 

お勧めの民間療法はこちら >>> クリーンアップ★アイ

 

※東洋医学については→いまだ治療法のない飛蚊症東洋医学では治るのか?を参照してください。

 

また、症状がひどいならレーザー治療がありますがこれとてすべての人が受けられるわけではありません。

 

しかし、飛蚊症の症状をこれ以上悪化させないようにするために、そしてこれから飛蚊症にならないようにするために予防をすることはできます。

 

飛蚊症が軽い症状の方やこれから飛蚊症になるかもしれないと恐れおののいている方は必見です!

 

 

今から飛蚊症に対する予防が必要なのです!

飛蚊症の予防法とは?

病的飛蚊症とは違い生理的飛蚊症は加齢によるものがほとんどです。しかし、すべてのお年寄りが飛蚊症であるとは限りません。

 

加齢は身体の酸化作用といわれています。
つまりこの酸化作用を抑えれば飛蚊症を進行させないことや飛蚊症の予防もできると言う事です。

 

身体の酸化作用を抑えるには生活習慣から改善!

身体が酸化するのは老化以外に生活習慣の乱れがあります。

 

偏食、過食などの乱れた食生活ストレス、飲酒、喫煙、不規則な生活リズムスマホパソコン眼を酷使するなどあなたにも思い当たるところが一つや二つあるのではありませんか?

 

恥ずかしながらいくつか該当するな!

 

 

生活習慣を改善することは飛蚊症だけでなく重大な病気の予防にもなります。

 

早速今日からできることから始めてください!


 

血液の循環が悪いと栄養分が体中に行き渡らない、老廃物が排斥されないなど重大な障害の原因になります。
運動不足は血液の流れが悪くなり肥満の元にもなります。有酸素運動を毎日30分続けましょう!
それが難しい人は散歩をするか近いところなら歩くようにして運動をなるべくするようにしましょう!

 

飛蚊症に効果的な食べ物

飛蚊症は身体の酸化が原因なので抗酸化作用の優れている食べ物が良いと言えます。
抗酸化作用の優れていて眼に良い栄養素はざっと挙げるだけでもこんなにあります。

 

アントシアニン アスタキサンチン ルテイン ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンC ビタミンE βカロテン カルシウム タウリン マグネシウム DHA ヒアルロン酸 ポリフェノール

 

すべて良いのですが特に眼に有名なのはアントシアニン アスタキサンチン ルテイン ビタミンA でしょう。

アントシアニン:ブルーベリー、ぶどう、カシスが有名です。
アスタキサンチン:赤い色素でカニ、エビなど赤い食品に多く含まれます。
ルテイン:多く含むのは意外なことにケール、シソ、モロヘイヤ、ヨモギの順で多いです。ブルーベリーではないのですね。
ビタミンA:多く含むのはレバー、バター、卵黄、ニンジン、うなぎ、モロヘイヤなどが代表的です。

 

このほかに抗酸化作用の強い栄養素はビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ポリフェノールがあります。

 

ビタミンC:キウイ、赤ピーマン、柿、ブロッコリー他ビタミンE:アーモンド、モロヘイヤ、ほうれん草、鮭、かぼちゃなど
βカロテン:体内でビタミンAに変化します。ほうれん草、トマト、にんじん、シソなど
ポリフェノール:ブルーベリー、赤ワイン、コーヒー、チョコレート、大豆、緑茶など

 

しかしはっきり言ってこれらの食品を個別に摂取することはかなり面倒ですね。
こういった健康に良い栄養素はすべてサプリメントとして市場に出回っています。
眼に良いサプリメントはネットで沢山売っています。
>>> Amazonで調べる

 

 

100均にも売っています。それを利用するのが一番簡単かもしれませんね。

 

眼科医が勧めるサプリメントが栄養機能食品オキュバイトです。
私は食べたことはありませんが多くの眼科医が勧めているようなので良いのかもしれません。
アマゾンで販売しています。

まとめ

飛蚊症は治療法はありませんが飛蚊症の進行を抑えたり、飛蚊症の予防をするすることはできます。

 

そのためには生活習慣を見直したり、抗酸化作用の大きな食品やサプリメント、機能性食品を積極的に摂取する必要があります。

 

また、医学的な治療法はなくても民間療法で改善する可能性があります。

 

当サイトではリスクの少ない返金保証付きのクリーンアップ★アイを勧めています。
あきらめる前に可能性にチャレンジしてみましょう!